integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

十字架

『氷点』:

・洞爺丸事件から十年後、啓造聖書を読み、教会に行く決心をして車で出かける。

 車がとまった。教会堂の前である。チケットを渡して車の外に出ると、啓造は教会堂を見あげた。十字架の下の明るく灯ったプラスティックの飾窓に、
 「神はそのひとり子を賜ったほどに、この世を愛してくださった
 と筆太に書いてあった。(『氷点』階段)

・教会を訪れたものの、中に入ることのできない啓造は「なくてはならぬものとは何だろう? おれにとって、なくてはならぬものとは何だろう」と自問し、十字架を見あげる。 

『ひつじが丘』:

良一は、十字架の下で許しを乞うた画を描き、かなりの反響を呼ぶ。

『続氷点』:
村井辰子に「おや、あの十字架は何です? 教会ですか」と問いかけ、「村井さんみたいなひとは、行くといいんじゃない? ね、夏枝」と言われる。(花ぐもり)