integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

1.罪の象徴
『ひつじが丘』:良一に灰皿を投げつけられて、奈緒実は、額に傷を受け、その傷を受けて、竹山への心の揺れを反省する。「奈緒実は、ひたいの傷を手鏡にうつした。血が黒くこびりつき、はれあがって醜かった。奈緒実は自分の傷をじっとみつめながら、竹山への昨夜の心のゆらぎを思い出していた。」