integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

2013-04-12から1日間の記事一覧

いったい、このような水の姿……水なのだろうか。何かほかの新しいものだろうか

『積木の箱』:「人をよせつけまいとするような、摩周湖の姿はきびしく神秘的であった。イギリスの詩人ブランデンは、/「いったい、このような水の姿……水なのだろうか。何かほかの新しいものだろうか」/ と、感嘆したという」。(砂湯)

ブランデン

『大辞泉』(増補・新装版)によるとブランデン[Edmund Charles Blunden][一八九六 一九七四]英国の詩人・批評家。田園詩にすぐれ、東大で英文学を講じた。詩集「羊飼い」従軍記「戦争余韻」など。参照:Edmund Blunden(英語)http://www.edmundblunden.org…

這松(はいまつ)

『大辞泉』(増補・新装版)によるとはいまつ【這松】 マツ科の常緑低木。本州中部以北の高山に自生。幹は地を這って四方に広がるが、直立することもある。樹皮は黒褐色色。葉は針状で五枚ずつ束生。六月ごろ、雄花と雌花とをつけ、小さな球果を結ぶ。------…

積木の箱:硫黄の熱気でうでた卵を、竹かごに入れて売る男や女たちが五、六人

「硫黄の熱気でうでた卵を、竹かごに入れて売る男や女たちが五、六人、山腹にちらばっていた」と描写される。氏名年齢容姿描写なし。生徒たちは争って卵を買う。

摩周湖(ましゅうこ)

『大辞泉』(増補・新装版)によるとましゅうこ【摩周湖】 北海道東部、釧路支庁川上郡弟子屈町にあるカルデラ湖。湖岸は絶壁をなし、出入りする川がない。透明度が高いこと、霧が多いことで有名。面積一九・二平方キロメートル。最大深度二一二・四メートル…

弟子屈(てしかが)

『大辞泉』(増補・新装版)によるとてしかが【弟子屈】 北海道東部、川上郡の地名。摩周湖・屈斜路湖・美幌峠や、川湯・鐺別・和琴などの温泉がある。---------------------------------------------------『積木の箱』:悠二たちはサマーキャンプで、弟子…