integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

2013-04-07から1日間の記事一覧

積木の箱:(奈美恵の)母

奈美恵は、「地獄谷」の章で、「一郎さん、あたしね、生れた時に、もう父親がなかったのよ。母はあたしを登別温泉の地獄谷のそばに捨てて、どこかに行ってしまったの」と言う。氏名年齢容姿描写なし。

登別温泉

『大辞泉』(増補・新装版)によると のぼりべつおんせん【登別温泉】 登別市にある温泉。泉質は硫黄泉・明礬泉など。爆裂火口の地獄谷がある。---------------------------------------------------『積木の箱』:奈美恵は、「地獄谷」の章で、「一郎さん、…

積木の箱:労務者が五、六人

「鉄格子の門扉につかまって、一郎はぐったりとよりかかった。格子越しに公園のポプラ並木が見える。ふた抱えもありそうな太い幹だ。そのポプラの下に、労務者が五、六人談笑しながら弁当をひらいている」とある。氏名年齢容姿描写なし。

積木の箱:鮮やかな赤い服を着た女

佐々林家のみな(一郎と奈美恵は留守番)が豪一の会社の慰安海水浴に行っている間に佐々林家を訪問し、ブザーを鳴らす。