integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

2012-12-07から1日間の記事一覧

ヒドラジッド

『大辞泉』(増補・新装版)によるとヒドラジド[hidrazide]結核治療薬のイソニコチン酸とヒドラジドのこと。ヒドラジッド。----------------------------------------------------- 『ひつじが丘』:喀血した良一は、医師から「ストマイとパスとヒドラジッド…

パス

『大辞泉』(増補・新装版)によるとパス[PAS]≪Para-aminosalicylic acid≫結核治療用の内服薬。パラアミノサリチル酸の略。----------------------------------------------------- 『ひつじが丘』:喀血した良一は、医師から「ストマイとパスとヒドラジッド…

肺病

『大辞泉』(増補・新装版)によるとはいびょう【肺病】 肺の病気。特に、肺結核。-----------------------------------------------------『ひつじが丘』:・喀血した良一について、伸子は「ねえ、奈緒実さん。それ、肺病でしょ? わたし、肺病って大きらい…

渡島半島(おしまはんとう)

『大辞泉』(増補・新装版)によるとおしまはんとう【渡島半島】 北海道南西部の半島。南部はさらに東の亀田半島と西の松前半島に分かれる。道内で最も早く開発され、江戸時代からニシンの漁場として栄え、函館北法の大野町は道内の稲作の発祥地。----------…

苫小牧(とまこまい)

『大辞泉』(増補・新装版)によるととまこまい【苫小牧】 北海道南西部の市。太平洋に面する。製紙業で発展。昭和四七年(一九七二)に湊が完成し、総合工業地となる。人口一六・七万。-----------------------------------------------------『ひつじが丘…

アストラカン

『大辞林』(増補・新装版)によるとアストラカン[astrakhan] アストラハン市特産の巻き毛の子羊の毛皮。また、それに似せて作ったビロード織りの一種。帽子・コートなどに使用。-----------------------------------------------------『氷点』:・「黒いア…

迷える子羊(ストレイシープ)

イザヤ書53章6節、「エレミア書」第50章6節など。「ルカ福音書」第15章4節~百匹の羊のうち、その一匹がいなくなったら? の例え。「マタイ福音書」第18章12節~「迷える子羊」の例え。『漱石全集 第五巻』(岩波書店、一九九四年、四月)所収、『三四郎』五…

トウキビ

とうもろこしのこと。 岡田哲編『日本の味探求事典』(東京堂出版、1996.1)によると以下の通り記されている。とうきび 唐黍(北海道) とうもろこし・南蛮黍・玉蜀黍ともいう。イネ科に属する一年生草本で、原産地はアメリカ大陸といわれるが、不思議なこと…

姦淫するなかれ

「出エジプト記」第20章14節「申命記」第5章18節「マタイによる福音書」第5章27節、第19章18節「ルカによる福音書」第18章20節「マルコによる福音書」第10章19節「ローマ人への手紙」第13章9節「ヤコブの手紙」第2章11節-----------------------------------…

洗礼

『ひつじが丘』:・良一は竹山に洗礼を受けたのかと問う。

水仙

『大辞泉』(増補・新装版)によるとすいせん【水仙】 ヒガンバナ科の多年草。早春に、鱗茎から、一本の花茎を出し、白や黄色で中央に副花冠をもつ花を横向きにつける。葉は根生し、平たい線形。耐寒性で栽培に適し、観賞用とする。らっぱ・口紅・房咲き・八…