integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

12/7

 

1989(昭和64・平成元)年 67歳


12月7日~11日、「作家生活二十五周年記念三浦綾子文学展」が旭川市丸井デパートで開催され、二千二百余名が訪れる。(主催、北海道文学館、北海道新聞社)

12月7日、文学展のテープカット。佐藤喜一、評論家の高野斗志美、小学校時代のクラスメイト、オリーブの会の人たち、教会関係者、兄弟親戚が駆け付ける。

 

2014(平成26)年 「氷点」50年、三浦光世召天

 
12月7日(日)、午後2時より、旭川グランドホテル3階白鳥の間にて三浦綾子文学賞受賞式が執り行われる。また午後3時より、同ホテル3階孔雀の間にて交流会が行われた。
 

2017(平成29)年:『道ありき』連載開始50年、映画「母 小林多喜二の母の物語」上映開始


12月7日、文学講座が三浦綾子記念文学館にて開催される。講師・森下辰衛(三浦綾子記念文学館特別研究員)。同日、川崎市国際交流センターホール(神奈川県)にて映画「母 小林多喜二の母の物語」(監督・製作総指揮、山田火砂子)が上映される。