integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

11/2:綾子の詩「お月様と影ぼうし」発見される(2012年)、やわらぎ斎場旭川で光世の前夜式が行われ、約500人が参列する(2014年)

1968(昭和43)年 46歳
11月2日、「私と小説・キリストと共に歩む」青山学院大学にて講演


2012(平成24)年 生誕90周年
11月2日、産経新聞にて「三浦綾子さん 少女時代の詩を発見」という記事が報道される。(2012年11月2日付 産経新聞朝刊14面)
※1932(昭和7)年1月21日発行の文集「芽生」に掲載された詩「お月様と影ぼうし」

 

2014(平成26)年 「氷点」50年、三浦光世召天
11月2日(日)、午後6時から旭川市5条15丁目のやわらぎ斎場旭川で光世の前夜式が行われ、約500人が参列、第一会場で入りきれず第二会場まで使用。主な参列者は、宮嶋裕子(初代三浦綾子秘書)、榎本恵(『ちいろば先生物語』の榎本保郎の息子)、 『愛の鬼才』の西村久蔵の子供たち、 『夕あり朝あり』の白洋舎関係者、中山洋一、出版社などの姿があった。式は、司会を難波真実が行い、旭川六条教会の西岡牧師が説教を行った。写真撮影は、石井一弘。前夜式で歌われた讃美歌は以下の通り。211(30)「あさかぜ」(※番号は「讃美歌21」による()は日本基督教団出版局(日キ版))、532(298)「やすかれ」、434(320)「主よみもとに」、28(※日キ番記載なし)「み栄あれや」。また三浦綾子記念文学館の山田理事長(葬儀委員長)が光世の紹介を中心にした挨拶などがあり、最後に献花して約一時間の式だった。滝上の芝桜を背景にした素晴らしい笑顔の光世(十年ぐらい前の写真?)が花のなかで笑っていたという。※三浦綾子読書会フェイスブック参照。