integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

新しき鍵

書き下ろし

【単行本】
『新しき鍵―私の幸福論』1995(平成7)年5月30日、光文社
B6判、厚紙装、カバー、オビ
213頁
1359円
装画/装丁:司修
口絵三浦夫妻撮影:後山一郎

以下を収録:
新しき鍵<結婚祝い/北海道の開拓民として/母の胎内で体験した関東大震災/木洩れ日の射す坂道/鬼ごっこ/開拓地での父の死/母との別れ、一家離散/深い闇/女の子のオーバー/卒業生総代/母や兄との再会/右腎臓摘出/手紙の代筆/タコ部屋/自然を見る目/美の恐ろしさ/部下の妻を妊娠させたダビデ/神に従わなかったアダムとイブ/真に深い自由/舌先三寸で人を殺す/姦淫の現行犯/罪のないものがまず石を/原罪の思想/もし愛がなければ/私の出会い/病める時も愛するか/知恵遅き童女の如く/修学旅行/馬鹿臭いとは思わんぞ>
対談・結婚して三十六年 いま思うこと(三浦光世・三浦綾子)<世界一不幸な男性/いつか、大きな仕事をする/たかが人間/楽園に似た苦園/「父と母とを離れて」の意味/死をどう迎えるか>
あとがき(一九九五年四月 三浦綾子)

(オビ)
初の書下ろしエッセイ
夫が詠んだ愛と病苦…
妻が語った忍耐と希望!

新しき鍵―私の幸福論 (カッパ・ビジネス)

新しき鍵―私の幸福論 (カッパ・ビジネス)

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 1995/05
  • メディア: 単行本



 

【文庫】
『新しき鍵 結婚について考える』1996年10月20日、光文社文庫

新しき鍵―結婚について考える (光文社文庫)

新しき鍵―結婚について考える (光文社文庫)

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 文庫



 

【電子書籍】
『新しき鍵―結婚について考える―』、2010年7月1日、光文社知恵の森文庫版

『新しき鍵~結婚について考える~』、2016年2月11日、光文社文庫版

新しき鍵~結婚について考える~ (光文社文庫)

新しき鍵~結婚について考える~ (光文社文庫)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 1996/10/20
  • メディア: Kindle版


【電子全集】
『三浦綾子 電子全集 新しき鍵 結婚について考える』2013年5月24日、小学館ebooks

三浦綾子 電子全集 新しき鍵―結婚について考える

三浦綾子 電子全集 新しき鍵―結婚について考える

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1996/10/20
  • メディア: Kindle版