integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

書き下ろし小説。

【単行本】
『母』1992(平成4)年3月10日、角川書店
B6判、布装、カバー、オビ
213頁
1100円
装丁:熊谷博人
写真:児島昭雄
収録:母/あとがき(一九九二年 冬 三浦綾子)/小林セキ年譜/参考文献並びに資料

(オビ)
構想10年。三浦文学の集大成。
結婚、家族、愛、信仰、そして死――。
明治の初め、東北の寒村に生まれた多喜二の母、セキの波乱にとんだ一生を描く、書下ろし長編小説。

(オビ裏)
どこの親だって、わが子は可愛い。わが子ほど可愛いものはない。命ば代わってやりたいほど可愛いもんだ。子供に死なれるって、ほんとに身を引きちぎられるように辛いもんだ。まして多喜二のように死なれては、わが身ば八つ裂きにされたような辛さでねえ。しばらくは飯も食いたくなかった。夜も眠られんかった。(本文より)

(オビ背)
書き下ろし長編

母

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1992/02
  • メディア: 単行本



 

【全集】
『三浦綾子全集 第十四巻』1993年4月12日、主婦の友社

三浦綾子全集〈第14巻〉

三浦綾子全集〈第14巻〉

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 1993/03
  • メディア: 単行本


【文庫】
『母』1996年6月25日、角川文庫

母 (角川文庫)

母 (角川文庫)

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1996/06
  • メディア: 文庫


【文学全集】
『女性作家シリーズ(13) 三浦綾子・宮尾登美子』1998年11月25日、角川書店

三浦綾子・宮尾登美子 (女性作家シリーズ)

三浦綾子・宮尾登美子 (女性作家シリーズ)

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1998/11
  • メディア: 単行本


【大活字本】
『母』(上)(下)2001年11月20日、埼玉福祉会

母 (上) (大活字本シリーズ)

母 (上) (大活字本シリーズ)

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 埼玉福祉会
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 単行本


母 (下) (大活字本シリーズ)

母 (下) (大活字本シリーズ)

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 埼玉福祉会
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 単行本



【電子全集】
『三浦綾子 電子全集」 母』2013年5月10日、小学館ebooks

三浦綾子 電子全集 母

三浦綾子 電子全集 母

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1996/06/25
  • メディア: Kindle版


【電子書籍】
『母』2013年8月22日、角川文庫版

母 (角川文庫)

母 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2006/03/10
  • メディア: Kindle版

【映画化】
2017年1月~2月公開予定
三浦綾子原作『母』映画化が決定したと、2016年1月20日、旭川市内で制作会見が行われた。
監督・製作総指揮は山田火砂子。