integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

北見

『氷点』:
・辻口家での滞在を終えた北原が、夏枝に宛てた手紙を北見から出す。

『積木の箱』:
・「悠二の転任先は北見市と知らされていた。もっと小さな町に飛ばされると思っていた悠二は、北見と知ってから、校長の少なからぬ尽力を感じて来た」。(終章)