integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

氷点:ケイ子

陽子が小学校4年生の時の同級生でならんですわっている。鉄工所の娘。「気のいい子」だが、ケイ子は、母が「(陽子がっ牛乳配達をしているのは)ひとにほめられたいからだ」と言っていると言い、「(ケイ子の母が)今に新聞に出るよ、新聞でほめられるよ、っていっていたよ」と言う。この会話で、陽子は「誤解ということがこの世にあることを知った」(『氷点』大吹雪)