integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

旭橋(あさひばし)

旭川市にある実在の橋。

旭橋:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E6%A9%8B

旭橋のあゆみ:
http://www.as.hkd.mlit.go.jp/road1/asdj/asahibashi/history.html

旭川八景:
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/tosi_kei/keikan/keikan/hakkei/hakkei.htm

circled.2013.4.13

--------------------------------------------------- 

『氷点』:
由香子の失踪を知ったその日の夕方、啓造は「久しぶりにすぐ近くの石狩川の堤防」に立ち、「みどりいろの弧をえがいた旭橋の向うに遠い山脈がうすむらさきの線をくっきりとみせていた」様子を眺める。(行くえ)

『積木の箱』:
・「石狩川の水が夏の日をギラギラと照り返していた。弧を描いた旭橋のサーモンピンクの色が、変になまなましい」。(断面図)
・「バスは、石狩川に大きくまたがった旭橋を走っている。暑い陽ざしの中で、釣り糸を垂れている人が何人かいた」。(鉄柵)
・「バスは旭橋を過ぎて、一町ほど行った停留所でとまった」。(鉄柵)
・奈美恵は、車で鷹栖神社前にある川上商店に向う。「車はとうに旭橋を渡り、初秋のポプラ並木の下を走っていた」。(挑戦)