integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

氷点:商人風の男

洞爺丸に乗船した啓造のそばにいた男。啓造におにぎりを分けてくれた。洞爺丸の海難事故に遭遇、生死不明。啓造は生きてほしいと思うが、一、二等の船客で助かったものはほとんどいないと聞いていたため、自分の生を厳粛なものとして受け止める。

(1)「旅なれた様子」

(2)「のんきな男」「愛想のよい例の男」「あんな気のいい男」

(3)「いかがです、一つ。わたしは船の食堂というものが苦手でね」