integral:三浦綾子資料室

作家・三浦綾子に関する研究をするブログ。※予告なしに記事の修正削除およびURLの変更を行います。

2014-02-14から1日間の記事一覧

6/30:前川正の誕生日(1920年)、『氷点』第二次選考通過(1964年)

1920(大正9)年6月30日 前川正生まれる。 1964(昭和39)年 42歳6月30日、『氷点』第二次選考を通る。(10編) 1991(平成3)年 69歳6月30日、写真撮影。「サイン会」「三浦綾子、その風土」写真展 富貴堂にて」(撮影、近藤多美子:『遥かなる三浦綾子』所…

6/29

1969(昭和44)年 47歳6月29日、講演。「題不詳」札幌市岩見沢教会。 1991(平成3)年 69歳6月29日、講演。「みつめるべきもの」旭川市、星光教会伝道所創立記念。 2015(平成27)年 4月1日(水)~6月29日(月)、三浦綾子記念文学館2階第4展示室にて企画展…

6/28

2012(平成24)年 生誕90周年6月28日、『病めるときも』角川文庫版(電子書籍)、配信開始。 病めるときも (角川文庫) 作者: 三浦綾子 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2012/10/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 2013(平成2…

6/27

2014(平成26)年 「氷点」50年、三浦光世召天6月27日(金)、DVD「積木の箱」(発売元・販売元共に株式会社KADOKAWA 角川書店)発売。 積木の箱 [DVD] 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2014/06/27 メディア: DVD この商品を含むブログ (1件) …

6/26

1991(平成3)年 69歳 6月26日(水)、22時~22時44分、NHK総合にて、「列島ドキュメント 光あるうちに 三浦綾子・その日々」全国放送。語り大空真弓。 2016(平成28)年 「塩狩峠」50年6月26日(日)、フットパス「「氷点の道」と小説の舞台見本林を歩こう…

6/25

1968(昭和43)年 46歳6月25日、「題不詳」日札幌光塩大学にて講演 1977(昭和52)年 55歳6月25日、小説『果て遠き丘』(集英社)刊行。 果て遠き丘 (1977年) 作者: 三浦綾子 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1977/06 メディア: ? この商品を含むブログを見…

6/24:妹陽子が結核で死亡(1935年)、朝日新聞本社学芸部デスクの門馬義久記者ら訪問(1964年)

1935(昭和10)年 13歳6月24日、妹陽子が結核で死亡(享年6、のち『氷点』のヒロインにその名がつけられる)。「これほどの悲しみがこの世にあることを、私はその時まで知らなかった」(『草のうた』) 1964(昭和39)年 42歳6月24日、朝日新聞本社学芸部か…

6/23

1996(平成8)年 74歳6月23日、札幌医大大学祭で「人間性の回復」と題して講演。途中具合が悪くなり休憩、その間光世が話をする。再び登壇、最後を締めくくる。

6/22:妹の三女、陽子誕生(1929年)

1929(昭和4)年 7歳6月22日、妹の三女、陽子誕生。 2006(平成18)年 6月22日 (木)劇団前進座による「三浦綾子/原作「銃口」」が上演される。於:駒ヶ根市文化会館 2012(平成24)年 生誕90周年6月22日、『氷点』(上)(下)角川文庫版改版刊行。同時に…

6/21

1972(昭和47)年 50歳6月21日、「題不詳」函館ホリタKKにて講演。 1987(昭和62)年 65歳6月21日、講演。「わかちあい」札幌市藤学園大講堂、札幌地区聖体大会。 2015(平成27)年:『ひつじが丘』連載開始50周年6月21日(日)、小学館発のコミックアプリ「…

6/20

1972(昭和47)年 50歳6月20日、「題不詳」函館市函館遣愛高校にて講演。 1977(昭和52)年 55歳6月20日、テレビドラマ「天北原野」のロケ班と会食。*1 1978(昭和53)年 56歳6月20日、朝日文庫『続氷点』上・下刊行。 続氷点 上 (朝日文庫 み 1-3) 作者: 三…

6/19:応募作『氷点』一次選考通過(1964年)

1964(昭和39)年 42歳6月19日、朝日新聞社が応募総数731編の中から第一次候補作品25編を発表、『氷点』がその中に入ったことを、末弟秀夫が新聞を持って知らせて来る。 1990(平成2)年 68歳 6月19日、随筆『明日のあなたへ』を「週刊女性」(主婦と生活社…

6/18:三浦光世の訪問を初めて受ける(1955年)

1955(昭和30)年 33歳6月18日(土)、三浦光世の訪問を初めて受ける。(詳細は『道ありき』参照*1) 1976(昭和51)年 54歳6月18日、「題不詳」北海道大樹町にて講演。 1988(昭和63)年 66歳6月18日、「題不詳」函館市、函館オリーブの会主催にて講演。 *1…

6/17

1965(昭和40)年 43歳6月17日「『氷点』読書座談会」旭川市立図書館主催、三愛会館 1979(昭和54)年 57歳6月17日、「題不詳」旭川市東川町、仏教婦人会にて講演。

6/16

2015(平成27)年:『ひつじが丘』連載開始50周年6月16日(火)、三浦綾子記念文学館主催の三浦光世の納骨式が朝10時、観音霊園で行われ、30人ほどが集った。60年前の6月18日に綾子と出会った光世が、綾子に好きな聖書の箇所と賛美歌を問われ、「心を騒がせ…

6/15

1986(昭和61)年 64歳6月15日、「今をみつめて」旭川市旭川医科大学にて講演。 1995(平成7)年 73歳6月15日、『ふるさと文学館 第2巻』(ぎょうせい)刊行。「奈落の声」が収録される。 ふるさと文学館 (第2巻) 作者: 木原直彦 出版社/メーカー: ぎょうせ…

6/14:綾子、藤原栄吉に謝罪、『塩狩峠』のモデルとなった鉄道員・長野正雄のことを知る(1964年)

1964(昭和39)年 42歳6月14日(日)、礼拝後、綾子が藤原栄吉に対してとった行動に対して、川谷威郎牧師から手紙を見せられ、川谷牧師に同行を頼んで詫びに伺う。その時、長野政雄のことを聞く。※長野政雄は小説『塩狩峠』のモデルとなった実在した鉄道員 2…

6/13:三浦綾子記念文学館オープン、式に参列し、挨拶の言葉を述べる(1998年)

1981(昭和56)年 59歳6月13日、中国人作家詔華(シャオ)、随筆家何為(ホイ)、通訳陳喜儒三人の訪問を受け、日本が戦時中、中国に対して行った行為に謝罪する。(『わが罪はつねにわが前にあり』=『それでも明日は来る』参照) 1984(昭和59)年 62歳6月13日…

6/12

1997(平成9)年 75歳6月12日、柏葉脳神経外科病院退院。 2003年6月12日(木)~10月13日(月)、三浦綾子記念文学館にて、開館五周年特別企画展「三浦綾子・『氷点』―よみがえる名作―」が開催される。 2011(平成23)年 6月12日~10月27日、三浦綾子記念文…

6/11:前川正と共に北大病院で診察を受ける(1950年)

1950(昭和25)年 28歳6月11日、正と共に北大病院で診察を受ける。結果は気胸療法をつづければ治療の見込みがあるとのことだった。が、正は手術も出来ず、マイシンの効果も期待できない、つまり時がたてば死ぬとのことだった。 1990(平成2)年 68歳6月11日…

6/10

1985(昭和60)年 63歳6月10日、中公文庫『水なき雲』刊行。 水なき雲 (中公文庫) 作者: 三浦綾子 出版社/メーカー: 中央公論社 発売日: 1985/06/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 1990(平成2)年 68歳6月10日、オリーブの会で講演(題…

6/9

1970(昭和45)年 48歳6月9日、講演。「永遠の生命の始まるところ」札幌市、神愛園開園式祝辞 1979(昭和54)年 57歳6月9日、「私の人生論」旭川市教育大学にて講演。 2018(平成30)年:三浦綾子記念文学館開館20周年 6月9日、「三浦綾子記念文学館開館20周…

6/8

2014(平成26)年 「氷点」50年、三浦光世召天6月8日(日)、梯久美子氏による、「愛の顛末 三浦綾子――「氷点」と夫婦のきずな」が日本経済新聞朝刊に掲載される。

6/7

1964(昭和39)年 42歳6月7日(日)、午後常磐公園で旭川六条教会の野外集会が行われる。集会後、綾子は同じ分団になった藤原栄吉について、不満を光世に漏らす。 ※藤原栄吉は、『塩狩峠』の主人公永野信夫のモデルとなった長野政雄のことを綾子に教える。 1…

6/6

1968(昭和43)年 46歳6月6日、「なくてはならぬもの」宮古市にて講演。 2015(平成27)年:『ひつじが丘』連載開始50周年6月6日(土)、小学館発のコミックアプリ「MangaONE」でコミカライズ版『氷点』(原作:三浦綾子、作画:水谷愛氏)の第一話から第十…

6/5

1982(昭和57)年 60歳6月5日、旭川日赤病院を退院。(『わがガン闘病記=それでも明日は来る』参照) 1998(平成10)年 76歳6月5日、語録『言葉の花束 愛といのちの770章』(講談社)刊行。 言葉の花束―愛といのちの770章 作者: 三浦綾子 出版社/メーカー: …

6/4:肺結核を発病。市内十条十一丁目の結核療養所白雲荘に入る(1946年)

1946(昭和21)年 24歳6月4日、肺結核を発病。市内十条十一丁目の結核療養所白雲荘に入る。 1965(昭和40)年 43歳6月4日「キリスト教と文学」北海道大学 1981(昭和56)年 59歳6月4日、婦人の自立と平和をねがう会「オリーブの会」の第一回講演会を持つ。講…

6/3

1968(昭和43)年 46歳6月3日、「愛するということ」主婦の友社にて講演。 1978(昭和53)年 56歳6月3日、ハワイにより、ホノルル市、オリベット・バプテスト教会にて講演。 1983(昭和58)年 61歳 6月3日、「聖書と私の小説」盛岡市岩手県民大ホール、新渡…

6/2:、医師から「リウマチ」だと言われる(1946年)、光世手術(1961年)

1946(昭和21)年 24歳 6月2日、病院に行き、医師から「リウマチ」だと言われ、ザルプロを打ってもらう。 1961(昭和36)年 39歳 6月2日、10時より光世手術(入院した夜は血圧が低すぎて手術が出来なかった)。開腹したときには、盲腸が破裂しており、麻酔が…

6/1:突如40度に近い熱が出る(1949年)、光世、盲腸炎で入院(1961年)

1949(昭和21)年6月1日 6月1日、突如40度に近い熱が出る。 1961(昭和36)年 39歳6月1日、光世、盲腸炎で入院。(45日間の入院) 1970(昭和45)年 48歳 6月1日、改装版『氷点』(朝日新聞社)刊行 氷点 (1970年) 作者: 三浦綾子 出版社/メーカー: 朝日新聞…